マジスタ石井の現場宿舎

若手ゼネコンマンがいろいろ書きます

まだ現金使ってるの?原始人かよwww【キャッシュレス】

こんにちは、マジスタ石井と申します。

 

ここ数年、キャッシュレス決済が流行ってきて私もその流れにのって完全にキャッシュレス生活にシフトしました。

本当に便利で、現金決済にはもう戻れない体になってしまいました。

 

しかし、世間ではいまだに現金派が多いです。

いろいろな統計で、6割程度の人が現金派といわれています。

街中では、いまだにレジ前でもたもた財布から現金を引っ張り出している原始人がたくさんいます。

 

現金決済がキャッシュレス決済に劣る点を3つ挙げるので、それぞれ説明していきます。

 

もしこの記事を現金派の人が見ているなら、記事を読み終わったころにはキャッシュレス派に鞍替えしていることでしょう。。。

 

目次

 

 

現金が劣る点①:決済に時間がかかる

 

現金決済はキャッシュレス決済に比べて時間がかかります。

レジにてモタモタ財布から現金を出して、店員に渡して、ジャラジャラと小銭のお釣りを受け取る。。。

それに対して、キャッシュレス決済の電子マネーQRコード決済なら、スマホを端末にかざすだけで一瞬で決済完了となります。

 

現金決済の人は周りに迷惑をかけているということを自覚するべきです。

 

正直、現金決済している人に対して、"老人が小銭をぶちまけてレジが混雑する"くらい迷惑に感じています。

 

せっかく便利な機能があるんだから、スマートに生きようぜ。

 

 

現金が劣る点②:管理がしにくい

 

現金はキャッシュレス決済に比べて、管理がとても面倒でしにくいです。

 

現金での支出はレシートを取っておいて記録するか、その都度家計簿をつけないと管理できません。自分で記録しておかなければなりません。

 

しかし、キャッシュレス決済であれば、使った分は勝手に利用記録として記録されて、簡単にアプリ等で確認できます。

いつ、どこで、なにに、いくら支払ったのかが瞬時に明確にわかるので、キャッシュレス決済であればお金の管理がとてもしやすいです。

 

収支が簡単に把握できるので、貯蓄もしやすいです。

 

管理の面でもキャッシュレス決済の圧勝となります。

 

 

現金が劣る点③:ATM手数料がかかる

 

現金を使うなら、ATM手数料がかかってしまいます。

 

ほとんどの人が、所得は現金払いでないはずなので、現金決済をするためにATMを利用することになると思います。

そこでかかるコストがATM手数料なのです。

 

自分のお金を使うために、お金を払うって意味が分かりません。

 

しかも、現金を切らしたらATMで補給しないと決済できないのも不便すぎます。

資産は持っているのに、現金が手元にないからものが買えない、、、いやすぎます。

 

それにくらべて、キャッシュレス決済であればこれらのデメリットが一切ありません。

 

ATM手数料どころか、決済するごとにポイントまでついてしまいます。

 

以上のことから、現金派はキャッシュレス派に比べて二重に損をしているといえます。

 

わざわざ使いづらい、損をするものをかたくなに使い続けるのはなぜですか???

 

 

まとめ

 

以上のように、論理的思考に基づいて考えると、現金決済のままでいるのはおかしなことなのです。

現金派は論理的思考が全くできない思考停止人間であるということの反証となっています。

 

損をしたくないなら、今より快適に生活をしたいなら、今すぐキャッシュレス派に移行しましょう。

 

現金派は情弱です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

 

 

kindle paperwhiteは微妙!!半年使った感想。。。

こんにちは、マジスタ石井です。

 

今回はタイトルの通り、kindle Paperwhiteが微妙だったことについて書いていきます。

kindle Paperwhiteを半年使ってみての感想をお伝えしていきます。

 

私が大好きなビジネス系YouTuberのマコなり社長に感化されて買ったKindle Paperwhiteでしたが、使ってみると案外使いづらい点があり、現在はスマホkindleアプリで読書するようになってしまいました。

 

私と同じ過ちを皆様に犯してほしくないので、この記事を書いています。

kindle端末は結構いい値段しますので、、、

 

この記事でkindle Paperwhiteを買うか迷っている人の役に立てたら幸いです!!

 

 

目次

 

結論kindle Paperwhiteは使わなくなる!!

kindle Paperwhiteは結局使わなくなる人が多いと思います。

これは実際に半年間kindle端末を使用しての正直な感想です。

 

kindle端末は人を選ぶ商品だと痛感しました。

 

kindle端末が必要ない、使わなくなると思った理由、唯一にして最大の弱点があるので説明していきます。

 

 

唯一にして最大の弱点、"スマホに勝てない"

残念ながら、kindle Paperwhiteよりスマホタブレットのほうが電子書籍リーダーとしての性能も利便性も高いです。

これは悲しいけれど真実なのです。

多くの人がスマホkindle Paperwhiteがあったら、わざわざkindle Paperwhiteで読もうという気が起きなくなるでしょう。

 

スマホでいいじゃん、これが現実です。

 

kindle Paperwhiteスマホに劣ると感じる理由が主に3つあるのでそれぞれ説明します。

 

 

理由1 動作がもっさりしている

これは仕方がない点ですね。

kindle Paperwhite電子書籍リーダーの機能しかないので、最低限の処理速度しかないので、スマホに比べてすべての動作がもっさりしています。

本を開くのも遅いし、ページをめくるのもかなりタイムラグが生じてしまいます。

 

普段スマホのサクサク挙動になれているので、kindleのこのもっさり感はかなりのストレスとなり、読書はスマホでいいのでは?となってしまいます。

 

 

理由2 ブルーライトカットの効果が実感できない

kindle Paperwhiteのウリにバックライト式ではないので、夜でもブルーライトを気にせづ読めるという点があります。

この機能自体は本当に素晴らしいですし、目に優しいというのもわかります。

 

しかい、スマホもナイトモードにしてブルーライトカットできますし、まぶしいのであれば、ディスプレイの明るさ調整で対応できます。

 

kindle Paperwhiteの最大といってもいい特徴も、スマホでほぼ再現できてしまいます。

 

だったら、スマホで読書で問題ありませんよね?kindle Paperwhiteは不要です。

 

 

理由3 持ち運びの面でもスマホに勝てない

電子書籍のメリットとして、持ち運びが便利であるというものがあります。

紙の本と違って、かさばらないのがメリットなのです。

 

kindle Paperwhiteも例にもれず、この小さい端末に何百、何千冊もの本が入ります。

本体重量も軽いので出先に気軽に持っていけるのがいい点ですよね!!

 

しかし、現代人は家にいるときも、外出する時も基本的にスマホを持っています。

kindle Paperwhiteを持っていなくてもアプリから読書ができてしまうのです。

 

出先でkindle Paperwhiteで読書するなら、kindle分の荷物が増えてしまいます。

一方、ライバルのスマホ君は標準装備なので、携行性についてもかなうわけがないのです。

 

kindle Paperwhiteを持っていて、スマホを持っていないという状況はあり得ないのです、、、

 

以上の3つの理由から、kindle Paperwhiteスマホに敵わず、結局使わなくなってしまうのです。

 

 

それでもkindle Paperwhiteのメリットはある!!

ここまでkindle Paperwhiteがダメだと言ってしまいましたが、もちろんメリットもいくつかあるのでそれについても紹介します。

 

まず、防水であるので入浴しながら読書をできるのはありがたい点です。

長風呂で、入浴しながらの読書をしたいという人は絶対に買うべきだと思います。

 

あとは、スマホタブレットと違って、電子書籍リーダーの機能しかないので、読書に集中しやすいという点もメリットとして挙げられます。

 

スマホで読書していると、SNS等の通知が来たりして集中できない状況になってしまうことがありますが、kindle Paperwhiteではそれがありません。

気が散りやすい人にもおすすめできます。

 

充電が本当に持ちが良いのもメリットですね。

何日も充電をしなくてもいいのは手間がかからないのでいいです。

 

 

まとめ

私はkindle Paperwhiteは使わなくなるので、買うのはやめておけという意見ですが、最後に述べたメリットもあるのが事実です。

それらに共感できた人は買ってもいいと思います。

 

現にネットでは、kindle Paperwhiteは最高だ!!という意見も多くありますしね。

 

この記事を参考にして、kindle Paperwhiteの買うか検討してみてください!!

 

もし、買うのならAmazonセール時に買うのがおすすめです。

Amazon端末なので、かなりの値引きでお得に買うことができるので、、、

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

皆様のよき読書生活を祈っています!

 

免許はマニュアル(MT)かオートマ(AT)どっちが良いの? 正解教えます

こんにちは、マジスタ石井です。

 

今日は、自動車免許はマニュアルでとるべきか、オートマでとるべきかについて書いていきます!!

 

これから免許を取ろうという方は必見です!

 

オートマとマニュアルの違いが判らない人は各自で調べてくださいね、、、

 

 

目次

 

 

今から免許を取る人はオートマ一択!!

結論から言うと、一部の人以外はオートマ一択といえます。

オートマでとれば間違いはありません。私のスタンスはこれで揺るぎません。

これは社会人になって車に乗る機会があったうえでの結論ですので、これから免許を取る学生さんは必見です。

 

オートマを選ぶべきである理由

理由は全部で3つあります。

・オートマはマニュアルに比べて免許が取りやすい。

・取得費用が安い

・そもそもマニュアルが必要な場面がない

 

以上の3つです。

それぞれ解説していきます。

 

オートマはマニュアルに比べて免許が取りやすい

 オートマのほうが操作が簡単なので、ストレートでストレスなく免許取得ができます。

マニュアルも慣れてしまえば簡単に運転はできますが、最初のうちはかなり苦戦するハズです。

実技講習によっては不合格になってしまう可能性もあります。

そうなってしまえば、時間とお金を失うことになってしまいます。

しかし、オートマならば、前進はD、後進はRと覚えてしまえばいいだけなので、そのような心配もありません。

 

わざわざ難易度が高いほうを選ぶメリットはありませんよね?

 

取得費用が安い

オートマとマニュアルではカリキュラムが少し異なるため、結果的に授業数が少ないオートマのほうが費用は安くなります。

1万円から2万円程度安くなります。免許を新しくとる人は若い人、特に学生の方が多いと思うので、結構大きな差であるはずです。

 

わざわざ料金が高いほうを選ぶメリットはありませんよね?

 

そもそもマニュアル車が必要な場面がない

 これは最大の理由です。

社会に出てからもマニュアル車を運転する機会はほとんどないと思います。

現在の日本におけるマニュアル車の販売台数は全体のたったの1%となっています。

現行走っている車もほとんどがマニュアル車なので、マジでマニュアル車を運転する機会はありません。

 

わざわざ使う機会がないマニュアルで免許を取るメリットはありませんよね??

 

 

マニュアル免許を取るべき人

それでも、なかにはマニュアルでとるべき人もいます。

それは、車好きでマニュアル車が好きでたまらない人です。

 

たしかにギアチェンジはかっこいいですよね、私もかっこいいと思いますしマニュアル車を運転するときは特別感があってテンションが上がります。

 

マニュアル車を公道で運転したいという人はマニュアル免許を取るべきです、好きを大切にしましょう!!

 

 

まとめ

免許はオートマでとりましょう。

これに限ります。

世の中には男はマニュアルだろ、とかいう昭和な考え方を押し付けてくる古臭い人間がいますが、そんな戯言には耳を貸してはいけません。

なぜ、使いもしないマニュアル免許でとらなければいけないのでしょうか?

時代、常識は日々変わっているのです。

無駄な時間、お金を減らしてシンプルに生きのが現代のトレンドです。

 

最後にもう一度言います。

免許はオートマ一択です!!!!

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!

 

車って必要?どんな車に乗ればいいの?田舎暮らしが思うこと

田舎暮らしの社会人が語る、車論!!

 

結論から申し上げますと、田舎暮らしの人は車は必須です。

そして、都会人は車は不要です。

 

社会人になって田舎に転勤、配属になる人も多いと思うので、参考になればいいなと思います。

私も就職と同時に東京から北海道の田舎に引っ越したので、その体験から情報をお伝えしていきます。

 

 

目次

 

 

やっぱり田舎は車は必須

これは覆せない自明の理です。

 

田舎は公共交通機関が本当に息をしていません。死んでいます。

 

私が住んでいる村では、街に出るバスは一日たったの二本です。。。

さらに土日はバス会社のダイヤが撤退してしまいました。

 

こんな状況ですので、自家用車は必須となります。

一応公共交通機関のみでも生活はできますが、すべての行動が交通機関のダイヤの時間に縛られるというなんともせわしない生活になってしまいます。

移動が人生のメインってとてもいい人生とは言えませんよね。

 

 

迷ったら軽自動車でヨシ!!!

次に、どんな自動車を買えばいいのかという話ですが、やはり軽自動車をチョイスするのがおすすめです。

 

その理由は単純に軽自動車のほうがかかるお金が安いからです。

 

車検代、自動車税等の維持費が普通車よりも安く済みます。

 

また、車体も小さいので運転もしやすいです。都会で過ごしてきた人は運転になれていないことも多いので、この点も大きなメリットだと思います。

 

以上の点から、迷ったら軽自動車を選ぶべきだと私は考えます。

 

 

どんな軽自動車を買うか?おすすめは中古車です

軽自動車といってもピンキリで、最新モデルのものでは装備も充実していて普通車顔負けの高級具合に仕上がったものから、中古の10年落ちの安いものまでさまざまです。

 

私がおすすめするのは、キリのほうの中古の安い車です。

 

その理由は、就職で田舎に配属された方は往々にしてお金に余裕がないはずです。

 

なので、移動のためだけに存在する車に大金をつぎ込むのはもったいないので、中古の車で安く済ませるべきだと考えます。

 

その分のお金で自己投資にお金を回して、将来稼ぐお金を増やすべきです。

 

しかし、中古車でも年式や走行距離にも注意が必要です。

 

なので、中古車を買う際はしっかりと車について勉強してから買うようにしてください。

 

自身がない方は、大手の中古車販売業者を使うといいと思います。

 

 

まとめ

田舎暮らしでは車は必須です。これは揺るぎのない事実です。

 

なので、これから田舎暮らしを始める方は、上で書いた通りに、中古の軽自動車を買ってください。

それさえすれば、最低限移動に関して不便をする心配はありません。

 

それでも、車がなくても行けるのではないかという人は、一度車なしで田舎生活をスタートさせるのもいいと思います。すぐに車を買いたくなるでしょうが。。。

 

以上、田舎の車事情でした。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!

 

金が欲しい?ならゼネコンに入ろうか【貯まる3つの理由】

こんにちは、マジスタ石井です!!

 

今回は、お金が欲しいならゼネコンに入るべきだということについて書いていきます。

ゼネコンに興味がある人にとって有益な情報であることは間違いないです!

 

ゼネコンとひとくくりにしても、今回は土木技術系職員に限って書いていきます。

建築系や事務職については語りませんし、語れません。

 

 

目次

 

 

 

ゼネコンに勤務していればお金をためやすい

結論から申し上げますと、ゼネコンはお金をためやすい職業だと思います。

 

当然、お金の感覚には個人差があるとは思いますので、一つの意見として聞いていってくださいね。

私もゼネコン以外で働いたことがないので、ほかの業種のことは人聞きでしか知らないということにもご留意ください。。。

 

それでは、理由を書いていきます!!

 

ゼネコンがお金をためやすい理由①:勤務地が僻地過ぎてお金を使う機会が少ない

 土木のゼネコンの現場は、田舎の僻地であることが多いです。

土木はトンネルや道路だったりダムだったりと、都市部以外に存在する施設を施工するので、必然的に住んで働く場所は田舎の僻地となります。

 

同じゼネコンといっても、事務職と建築職は勤務地の面で大きく性質が異なります。

事務職は本社や支社のオフィスで普通に働きますし、建築はビル等の施工が多いので比較的都市部での仕事が多くなります。(田舎の山奥に高層ビルは建ちませんよね、、、当然です)

 

トンネルやダムの現場に配属されれば、現場付近には人里はないので、現場宿舎での生活となります。

最寄りのコンビニは車で1時間なんてのはザラです。人間の数より鹿の数のほうが多いです。

 

なので、本当にお金を使う機会がありません。

都市部に住んでいれば、仕事終わりの同僚と飲みに行ってしまったり、ガールズバー等で浪費したりと誘惑が多いと思いますが、田舎では本当にそれがないのです。

 

お金を使えなければ、必然的にたまっていきますね!

 

 

ゼネコンがお金をためやすい理由②:現場宿舎は家賃、水道光熱費、電気代がかからない

次の理由は、現場宿舎は家賃等がかからないという点です。

これは大きなメリットですよね。

普通の独身会社員は家賃に月8万、水道光熱費、電気代で1万円程度かかると思いますが、現場宿舎に入ればそれらは一切かかりません。会社負担となります。

 

普通の会社員にこの時点で9万円程度差をつけることができています。

これは年額に換算すると、100万円弱となりますので、大きな差であるといえます。

 

 

ゼネコンがお金をためやすい理由③:給料は平均水準以上もらえる

ゼネコンの給料は世の中の平均以上はもらえます。

これは以前の記事で紹介した通りです。大手ゼネコンに至っては平均年収は1000万円を超える水準です。

 

残業も多いので、若手時代からお金を稼げます。

残業が多いのはつらい点ですが、現場宿舎勤務であれば通勤時間がないので一般的な会社員の残業に比べたらはるかに楽です。

19:00まで働いたとしても、自分の部屋につくのはその20秒後なのですから(笑)

 

 

土木系学生はゼネコンに入ればお金に困ることはない

以上、ゼネコンがお金が貯まる3つの理由です。

お金を使わないですむ、必要なお金が少なく済む、たくさんお金をもらえる。

 

最強の3拍子がそろった環境、それがゼネコンなのです。

 

しかも、ゼネコンは人手不足なので大手企業にも比較的入社しやすくなっています。

 

公務員よりは絶対におすすめできます。

 

皆さんもゼネコンに入ってお金に困らない生活を手に入れましょう!!

 

ゼネコンに興味がある人の役に立ったら幸いです。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!

 

【注意喚起】私が節約に目覚めて失いかけた大切なもの【離婚の危機】

こんにちは、マジスタ石井です。

 

今回は、私が節約に目覚めて失いかけた大切なものについて書いていきます。

 

結論から書くと、節約が行き過ぎて離婚の危機を迎えてしまいました。

今回の件で得た教訓は、節約は取捨選択を考える必要があるということです。

身をもって得た教訓ですので、皆様に共有します。。。

 

目次

 

 

私が節約をする理由

私が節約をする理由は、セミリタイアを30代で達成するためです。

節約で生まれたお金を投資に回して、将来に備えています。

 

ビジネス系youtuberの人たちに触発され、半年前からこの考えの元節約生活を始めたのです。

それが、あんな結果をもたらすとはその時は知る由もありませんでしたが。。。

 

 

節約生活で意識していたもの

節約生活では、無駄な出費は一切しないと決めてそれまでとは生活を一変させました。

たばこもお酒も一切やめ、お菓子も大好きでしたがそらもいっさい辞めました。

ここで問題なのが、夫婦の時間、かけるお金も節約の対象としてしまっていたことでした。

 

 

夫婦生活にも影響が、、、

結婚半年になりますが、節約開始から徐々にすれ違うようになっていきました。

原因は明確に節約のせいです。

 

結婚前や直後はしょっちゅう二人で出かけてカフェ巡りなんかもしていたのですが、節約覚醒後はそれがなくなり、お金を使いたくない気持ちから、一緒に出掛けることも少なくなっていきました。

 

当時の私には、カフェはただの無駄遣いで愚の骨頂としか思えなかったのです。。。

 

 

すれ違うふたり、そしてとうとう離婚を切り出される?

そんな生活が数か月続いた先日、とうとう妻から夫婦生活に限界を感じているという趣旨のメッセージを受け取りました。

かなりぼろくそに書かれていたので、正直私も離婚するしかないとも考えてしまいました。

 

 

週末に再会、話し合いの結果は、、、

平日は宿舎にいるので、休日に顔を合わせた際に話し合いました。

その結果は、、、

 

 

離婚はしないということでまとまりました!

 

 

 

わざと大げさにメッセージを送って私を試したらしいです。

私は感情的な考えや、試されるということが本当に嫌いなのですが、今回はよしとしました。私にも原因はあるので。

 

その話し合いの中で、最近一緒に遊ばなくなったこと、それによってすれ違いが発生することになったことなど再確認でき、節約も行き過ぎるといけないということを学びました。

 

 

 

今回の件で得た教訓

節約する項目は選ばないといけない、ということに限ります。

 

なにを当たり前のことを言っているんだ、と思う人もいるかもしれません。

しかし、節約にはまると見境なく節約のメスをふるってしますものなのです。たとえそれが夫婦の仲を壊すことになるとしても。

 

行き過ぎた節約は人間関係を壊します。

今回私は妻との関係が悪化しましたが、それは友人との関係にも言えます。

飲み会は金の無駄と断罪し、一切飲み会に参加しなくなれば当然多くの友人たちとは疎遠になることになります。

何事もトレードオフであるということは忘れてはいけません。

 

 

まとめ

節約のせいで離婚の危機を味わい、節約すべきものとそうでないものを見極めることの大切さを学びました。

手遅れになる前に気づけたのは不幸中の幸いといえるでしょう。

 

皆さんも節約は良いですが、人間関係まで節約しないように気をつけてください!

 

それでは、皆さんの人生に幸あれ!

ありがとうございました。

出会いが欲しい??なら、Tinderをやろうか

こんにちは、マジスタ石井と申します。

 

今回は出会いを求める皆さんの悩みを解決できるとっておきの情報を発信します。

 

ずばり、出会いたいのならTinderを使いましょう。

これがベストな解決策です。

 

それでは、Tinderについて書いていきます。

 

目次

 

 

社会人になると出会いが激減する

まず、出会いが少ないと嘆く皆さんに朗報?です。

社会人で(特にサラリーマン)は出会いが少なくて当然であり、皆さんに出会いがないのは何も珍しいことではないということです。

 

サラリーマンは会社と家の往復の生活を送りがちですし、新しいコミュニティに属するのも勇気と体力を必要とするので、積極的になりずらいです。

いわば、日常を暮らすのに精いっぱいの人が多いのが事実なのです。

 

そんな状態ではいつまでたっても出会いの機会はやってきません。

 

そんな忙しい社会人でも、キッカケさえつかめれば行動に移しやすいのではないでしょうか??

そのキッカケになるのが、出会い系アプリであるTinderなのです。

 

 

Tinderとは?

Tinderとは、いわゆる出会い系アプリです。

 

自分の位置情報から近い(距離感は自分で設定できます)異性のプロフィールを閲覧して、LIKE(いいね)かNOPE(不可)を評価して、男女ともにLIKEしあうと”マッチ”となり、チャットが可能となり、実際に会う約束を取り付ける、というシステムのアプリです。

 

自分が気に入った相手からも気に入られないと出会うことはできないという点が特徴となっています。

 

 

なぜTinderなのか?

私がTinderを推す理由は2つあります。

 

一つ目が、無料であるという点です。

Tinderは一日100人までは無料でであるチャンスを得られます。

さらに、マッチしてしまえばメッセージは送り放題です。

 

よくある出会い系アプリはメッセージは有料コインを消費するシステムが多い中、Tinderのシステムは優良であるといえます。

 

二つ目が、ユーザー数がかなり多いという点です。

このような出会い系アプリの良しあしはユーザーの数で決まるといっても過言ではありません。

人がいなければ出会えませんからね。

 

 

Tinderは家にいながらにして、出会えるので忙しい社会人にピッタリ

ひと昔前の出会いといえば、コミュニティに参加して、その活動をとおして出会う、またはナンパという手法も取られていました。

 

これらは、王道でいいのですが、行動をともなうので、時間と体力が必要となります、本当に出会いが生まれるかわからないのに、、、

 

しかし、Tinderは家の中や移動中、暇なときにスマホ一つで完結できるほどに手軽に出会えてしまいます。

 

Tinderでマッチングしてしまえば、忙しい社会人でもデートの時間を作ることもできるはずです。

Tinderを使えば、出会いというきっかけを得る最難関を突破できるのです。

 

 

大事なのは、できる範囲でいいから行動を起こすこと

出会いが欲しいと言っているだけで、行動しない人のなんと多いことか。

 

通常の日常を送っていては絶対に出会いは生まれません。

出会いが生まれないサイクルで生きているのだから、当然ですね。

 

出会いが欲しい、現状を変えたいのならまずは行動しましょう。

 

具体的にいうと、Tinderをやりましょう。

無料なので失うものはありません。

 

まずは行動、なにごとも、、、

 

皆様のよきTinderライフを祈っています。

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!